美肌を気にする女性
美容を気にする女性
メイク道具

ハイドロキノンでシミはキレイに消える?

ハイドロキノンといえば、強力な美白効果を持つ成分として、医療関係者からも非常に高い評価を受けています。
そもそもは、写真の現像やゴムの酸化防止剤などの工業用として、使われていました。
白くするパワーがあまりに強いので、化粧品としても利用されるようになったのです。シミやにきび跡、そばかすなどを消すのに、大いに力を発揮しています。
ほかのビタミンCやプラセンタなどといった美白成分がありますが、これらは、シミの予防には役立ちますが、ハイドロキノンですと、予防だけではなく、皮膚に沈着しているメラニン色素にまで働きかけて作用をする点で、際立った特徴を持っています。

実際に、さまざまな美容液や美顔器を使っても全く消えることのなかったシミが、ハイドロキノン配合の化粧品を使うことで、きれいに消えてしまった、という事例も少なくありません。
「肌の漂白剤」との異名をとるほど、その効果は高いのです。
美容通の間で大きな関心を集めているのは、そんなところにも理由があります。
日本では、2001年に法律が改正されハイドロキノンを化粧品に使うことが認められました。
それまでは、医療機関において、医師の管理のもとでしか使用することができませんでした。
海外では、古くからシミをきれいに消すための手法として、ハイドロキノンが使われてきていました。
ただ、美白効果が強いだけに、使い方を誤ると、皮膚にダメージを与える懸念があります。

シミ対策でハイドロキノン配合の化粧品を使う場合は、シミのある部分だけに塗るようにしなければなりません。
顔全体に塗ってしまうのは、刺激が強過ぎますので、リスクがあります。
また、シミが消えた後は、その部位への使用はやめるほうが安全です。
このように、強力な効果を発揮しますので、市販のハイドロキノン配合化粧品を使う場合も、初めてのときは、パッチテストを済ませてから、正式に使い始めるのが望ましいです。

ハイドロキノンは乳首の黒ずみにも効果あり

ハイドロキノンは、卓越した美白効果でもって、広く知られています。
日焼けやシミの原因となっているメラニン色素を抑制する効果が、著しく高い成分なのです。
中には、肌の漂白剤と呼んでいる人もいるほどです。

いろんな美白原料が世には存在していますが、それらの100倍もの美白力を持っているとも言われています。
そもそも、還元作用が強力であるところから、写真の現像の作業でよく使われていました。
その作業をする人の肌が白くなってくる点に注目し、現在では、美容のジャンルでも使用されるようになったのです。
アメリカで美白となると、ハイドロキノンがメインとなります。

日本では従来から、医師の管理下にあって使用されてきたのですが、2001年に法律が改正され、市販されている化粧品にも使用されることとなりました。
シミやニキビ跡、そばかすなどの対策として使用される機会が多いですが、昨今は、意外な部位の美白にも使われるようになりました。
それは、乳首の黒ずみやメラニン沈着を何とかしたいと考えている人が、ハイドロキノンを積極的に使用しているのです。
ハイドロキノンは肌のメラニンを取り除く作用を果たしますので、その延長上で、同じ肌である乳首に対しても、しっかりと美白効果をもたらすことは、ごく自然なことです。

とはいえ、注意が必要です。
ハイドロキノンは、その濃度が高いほど、美白の効果がより一層強くなり、希望している成果が得やすいのは当然ですが、反面、高濃度のものを使うと、肌がかぶれたり赤みが出てくることがあるのです。
ただ、5%未満のハイドロキノンでは、白斑の現象は報告されていませんが、油断はできません。
自分勝手に乳首の美白を手掛けるのではなく、必ず、医師の指示に従って使用することが大事です。

ハイドロキノン配合薬はどこで買えるの?

ハイドロキノンの配合薬は、薬というだけあって、病院やクリニックに言って処方してもらうことになります。
ただし、ハイドロキノンという有効成分の入った化粧品であればクリニックまで行かなくても、自宅でインターネットショッピングをして手に入れることもできます。
クリニックや病院などで処方薬としてもらうクリームと、ハイドロキノン配合のスキンケア化粧品とでは、内容が全く同じというわけではなく、市販されているハイドロキノン化粧品の場合には有効成分の配合濃度が高くても2パーセントどまりです。

しかし病院やクリニックに言って処方してもらえる配合薬であれば高くて8パーセントほどの配合濃度があるものもあります。
もちろん、これは医師が処方するものなので、診察でお肌のお悩みやお肌の強さなどをみてもらい、自分にもっとも適した濃度のものを出してもらえます。
ただハイドロキノンというのは副作用も良く報告されるほど強い成分でもあるので、あらかじめ何パーセント以上は処方しないようにしています、などとあらかじめホームページなどで伝えている美容皮膚科の医師もいます。

このように医師であってもとても慎重に処方をしているハイドロキノンなので、個人輸入で購入するのは危険もともないます。
たしかにインターネットを使えば海外の処方薬もかんたんに手に入れるのですが、明らかにスキンケア化粧品として売られているハイドロキノンとも香りがちがって、かなり科学的なにおいです。
それにいかにも薬というようなとてもこってりとしたテクスチャーをしていて、香りとともにこれが使いにくいという人も多いです。
効果が高いと期待も大きくなりますが、安全に入手して安全に使うようにしましょう。

月間アーカイブ