ハイドロキノンはニキビに効果あり?

ハイドロキノンはニキビの炎症そのものというよりも、ニキビの跡に効果を発揮してくれるので、ニキビの症状が一段落して色素沈着が起こってしまったなどのニキビの跡の治療に効果的です。
ハイドロキノンという成分は、さまざまな配合濃度でクリームや美容液などに配合されています。
しかし、その濃度が高すぎるとニキビの治療どころかお肌に炎症がでてしまったり、かぶれることもあるので注意しながら使わなくてはならない成分です。

クリニックで処方してもらうときには医師の指導に従って、そして市販のハイドロキノンクリームを使うときにも、明記されている用法や用量をきちんと守って使わなくてはなりません。
ハイドロキノンという有効成分がどうやってニキビの跡に効いてくれるのかというと、色素沈着が出来てしまっている原因となっているメラニンという色素が合成されるのを防ぐ効果があります。
メラニンが合成されるときには、特殊な酵素がつくられますが、この酵素を弱めるはたらきがあるのがハイドロキノンです。

また、できてしまっているメラニン色素にも効果を発揮してくれ、メラニンを淡色化し目立たないようにしてくれます。
こういったハイドロキノンのはたらきは、これからできてしまうかもしれないニキビの跡の予防にもなるので、現在ニキビの跡がまだ目立っていない部分にも効果的です。
そして、このような高い効果がうれしいハイドロキノンクリームにも注意点があり、それは紫外線に弱いという点です。
ですのでハイドロキノンクリームを塗っているときには帽子をかぶるようにしたり日傘を使って紫外線を防いだり、使用するファンデーションを紫外線カット効果のあるものにするのがおすすめです。