ハイドロキノンを生かすオイルケアとステロイド注射

ハイドロキノンは、美白効果に効果を発揮する成分のひとつで、古くから皮膚科でも多く活用されています。
紫外線などによってダメージを受けた皮膚は、シミやシワを作ります。
これは、メラニン色素の働きによって、これ以上外部からの刺激を皮膚並びに体内にもたらさないようにするための防衛反応のひとつです。

また、外敵以外にも、加齢などにより皮膚の細胞組織に色素の沈着をもたらします。
ハイドロキノンは、この症状を生み出すメラノサイトに直接働きかけて、シミなどを作りにくくします。
ハイドロキノンによって守られた皮膚は、シミという形でのバリア機能ができにくくなりますので、それに代わるものが必要になります。
それがオイルをはじめとするスキンケアになります。UV効果の高いオイル類などで、紫外線などを遮断します。

また、皮膚組織の結合を強めて、シミになりにくくするアンチエイジング用のオイルも有効です。皮膚の再生のための栄養分が含まれていることがポイントになります。
ハイドロキノンは、直接シミを解消させる美白の働きの強さから、その副作用にも配慮していかなければなりません。
皮膚が弱かったりアレルギー反応を示しやすい敏感肌になりますと、炎症や湿疹を起こしたり、白斑を作ることもあります。

これらの副作用を事前に防止するためには、ステロイド注射が有効です。
ステロイド注射によって肌質そのものを強化しておきますと、作用の強いハイドロキノンがうまく肌に馴染むことができます。
但し、ステロイド注射はホルモン剤の投与になりますので、薬剤に過敏な場合は使用を慎重におこないます。
いずれの場合も、医師の診断のもとで、適切な指導を仰ぐことが大切になります。