敏感肌に美白クリームは避けるべき?

敏感肌の人には、しみやそばかすを防ぐ効果が期待出来る美白クリームを使ってみたいと考えていても、敏感肌だから肌に合わないのではと心配して、敬遠してしまっている人も多いのではないでしょうか?
近年は、敏感肌でも使用出来る低刺激タイプの美白クリームが市販されているので、一度試してみることをおすすめします。

花王の「キュレル」は、乾燥性敏感肌の人の肌悩みの解決をサポートするスキンケア化粧品のシリーズです。
キュレルの美白クリームには、植物由来の美白有効成分であるカモミラETが配合されており、メラニンの生成を抑える働きをするため、しみやそばかすを防ぐ効果が期待出来るのが特徴です。
このクリームは無香料、無着色でエチルアルコール無添加であり、アレルギーテストや乾燥性敏感肌の人によるパッチテストも済んでいるため、多くの人が安全に使えるものとなっていることが魅力です。

他の製品としては、ポーラ・オルビスグループが開発した、乾燥肌と敏感肌の専門ブランドに「ディセンシア」があり、その中の美白ケア用シリーズとして「サエル」があります。
このシリーズは敏感肌の人に特化した美白を研究した結果生まれたもので、アルコールや香料は不使用なので安心して使えます。

サエルの美白クリームはホワイトニングクリームクリアリストという商品名で、独自の特許応用技術で保湿しながら全ての成分を浸透させて密閉し、寝ている間に肌の奥でじっくり美白するという優れものです。
このクリームには、酸化による肌機能の低下を抑える働きをするムラサキシキブエキスと、敏感肌特有の過剰なメラニンの生成や炎症を抑制する効果があるコウキエキスが配合されています。
サエルの美白クリームは肌を膜で覆って外部刺激をブロックし、保湿成分のセラミドで角層をうるおして肌本来のバリア機能を整える作用も持っているので、肌に透明感を取り戻す効果が期待出来るのが良い所です。